« 高額療養費制度の利用時における必要書類など | メイン | 様々な医療費助成制度 »

高額療養費支払いに関する法改正について

スポンサードリンク

厚生労働省は、現行の高額医療費還付の仕組みが平成19年4月から変更することになりました。

新しい仕組みでは70歳未満の一般の人の場合の上限である80100円に限度額を超えた医療費の1%を加えた額のみを支払うだけでよくなります。

これで一度に100万円を超えるような高額な医療費を患者が「借金」してまで、全額払う必要はなくなったと言えます。現行の高額医療費制度は、いかにもお役所的な制度でしたので非常に評価できる法改正と言えるのではないでしょうか。

ただし、今回の決定で注意しなければならないのは対象となるのが「一回の支払い」に限定されていることです。つまり、一人の患者が複数の医療機関で受診したケースや、一ヶ月の累積額や一世帯の合計額が限度額を超えたりするケースでは従来通り、「払い戻し手続きが必要」になるということです。

高額医療費の還付については、「一回の支払い」などの突然の医療費支払いのためだけでなく、断続的あるいは継続的に高額の医療費に悩まされている人には必要不可欠な社会保障制度ですので、インターネットなどのインフラを整備して、できるだけ早く効率化して欲しいものです。

スポンサードリンク