« 入院にかかる費用と種類について | メイン | 医療費控除の手続の前に確認しておきたいポイント »

入院費用と医療保険・介護保険

スポンサードリンク

入院費用は、入院する病院の種類、入院期間などによって変わってきます。現在の日本の公的医療システムはおおむね大変優れていると考えていいと思いますが、これからの超高齢化社会を前に入院費用も変わってくることが予想されます。

まず、定額医療ですね。これはある特定の病気については、どこの病院で入院しても費用も期間も同じ ということを目指すもので、同じ病気なのに、病院によって費用が違うという問題に対処するためです。盲腸などは定額払いで良いのではないかと思います。

次に混合診療の解禁ですね。もし、これが解禁となりますと入院費用も含めてかなり幅が出そうです。

そして、医療保険と介護保険の自己負担増です。国の医療費の負担は年々重くのしかかっていまして、今後はますます自己負担が増え、さらに給付条件なども厳しくなってくると考えられます。

入院費用で言えば、具体的には居住費、食費、水道光熱費、雑費などの負担増が挙げられます。

長期で入院することを前提としたものが多い療養病棟でも上のような費用が「入院費+α」としてかかってくるので、その分だけ費用の負担が重くなること予想されます。

スポンサードリンク