« 居宅療養管理指導と介護保険について | メイン | 帝王切開での出産費用と限度額適用認定証 »

帝王切開での出産と費用と保険(適用)診療

スポンサードリンク

帝王切開での出産にかかる費用には大きく分けて2種類 ありますが、そのうちの一つが「保険診療」です。

「保険診療」は何も難しいことがありません。普通にお 医者にかかったときと同じようなシステムでの負担とな ります。

では、具体的にどういった費用があるのでしょうか?

帝王切開の出産において「保険診療」で必要になる費用 としては、以下のようなものがあります。

○投薬料
○注射料
○処置料
○手術料
○検査料
○入院料

では、実際に負担する金額はどうでしょうか?

現在の保険診療は、自己負担=3割が基本です。

ですから、例えば帝王切開の出産において「保険診療」で 必要になる費用として総額50万円掛かった場合は、 50万×3割=15万円の支払いが必要になってきます。

※なお、この15万円につきましても還付金が得られる可能性 があります。(参考記事→高額医療費と帝王切開での出産費用)

帝王切開は普通の出産と異なりまして、緊急性の高い出産 ですから、保険診療の適用がありますが、通常の出産の場 合は、保険診療の適用はありません。

どちらが得でどちらが安いかというのは、他の費用や 入金などにより異なってきますから総額では分かりませんが、 帝王切開の場合は「保険診療」のおかげで費用の一部が3割 負担で済むということは、お金の面では少し得になること が多いようです。

しかし、帝王切開での出産が事前に決まっている場合、例えば、 自然出産だと危険の可能性が高いときや2回目の帝王切開、逆子 の場合などでも、通院に必要な費用や検査費用が多くなったりし て、あとで考えてみると、かかった費用は通常の出産より多かっ たということも少なくありません。

それとは別に自然出産を予定していたのに、急遽、帝王切開に なったというケースでは、予め帝王切開での出産が分かってい たケースと異なり、通院などにかかる費用も自然出産と変わり ませんので、出産時に「保険診療」が適用される費用の3割負担 で済む分、費用としては安く済みます。

ちなみに私の場合は出産間近になって急遽、帝王切開での出産に 切り替わりましたが、保険診療以外の「自己負担分」が予想以上 にかかってしまいました・・・。

出産後、同じ病院で自然出産をした他の妊婦さんに聞いたところ、 自然出産した妊婦さんよりも費用が掛かった人もいたそうです・・・。

スポンサードリンク