« 帝王切開での出産費用と限度額適用認定証 | メイン | 高額医療費と帝王切開での出産費用 »

帝王切開での出産費用と自己負担診療について

スポンサードリンク

帝王切開の出産費用には大きく分けて、「保険診療」と 保険適用のきかない自己負担の「自費診療」があります。

帝王切開での出産費用の中でも「保険診療」に関する費用は 地域の差もほとんどなく、あまり費用の差はありません。

ところが、地域や入院時期、病院のサービスなどに大きく左右 されることがあるのがこの「自費診療」になります。

下は自費診療の項目例です。

○部屋代金

※東京、大阪などの都市圏と地方で差があります。
※年末年始などの時期で差があります。

○分娩介助料
○検査・処置など
○胎盤処理料
○文書料

○新生児保育料
○新生児検査料

上の中でも自費診療として差が発生しやすいものとしては やはり部屋代や検査料、分娩介助料などでしょうか。

私の場合も、部屋代、検査料、分娩介助料などの費用が予想 以上にかかってしまい、保険診療を足した出産費用総額は、 それなりにかかることになりました。

帝王切開の場合は、病院や個人にもよると思いますが、通常 出産に比べて、出産後の入院時期も長いことが多いので、自 費診療についての費用負担がかさむことになります。

また中でも、出産後の検査や処置などにおいては、病院によっ ては多額の「オプション」料が課されるものもありますので、 注意が必要です。

ただ地方などでは、この自費診療がぐっと安い場合もありま すので、そういった場合は総合的にも費用はかなり安くなり ます。

今後も、病院のスタイルによりかなり金額の開きが出そうな 「自費診療」ですが、金銭的に、不安な方は思い切って、事 前に病院に見積もりなどを聞いてみるのも一つの手だと思います。

スポンサードリンク