« 帝王切開での出産費用と自己負担診療について | メイン | 帝王切開手術の術後の傷の痛みなどについて »

高額医療費と帝王切開での出産費用

スポンサードリンク

高額医療費と帝王切開での出産費用について

帝王切開での出産に掛かる費用は大きく分けて2種類、 「保険診療」と「自費診療」があります。

そして、帝王切開の出産にかかる「保険診療」の費用は 高額になることが少なくありません。

そうした医療費の高額の支払いに対して、国は一部の負担 分を戻してくれるという制度があります。

それが高額療養費制度や高額医療費制度と呼ばれるものです。

早速、具体例を見てみましょう。

70歳未満で健康保険に加入して、月収が56万以上でない家庭の 女性が帝王切開で出産した場合に掛かる費用例です。

保険診療にあたる費用が50万円(現行の制度では3割負担なので 実際には15万円負担)かかりました。おもな費用には以下のもの があります。

○投薬料
○注射料
○処置料
○手術料
○検査料
○入院料

基準額 (「500,000円」-267,000円)×1%=2,330円+80,100円=82,430円(1)

一部負担金(病院で支払った金額、3割負担)500,000円×30%=150,000円(2)

高額医療費として還付される金額 150,000円(2)-82,430円(1)=67,570円

つまり、15万円病院で支払ったあとに、申請すれば67,570円が戻ってくるという ことになります。

申請場所は民間企業の会社員の方であれば、社内に窓口があると思います。

出産される女性の旦那さんが公務員の方は、健康保険組合に提出。出産される 女性の旦那さんが自営業、フリーターの方は市の国民健康保険課に提出。

なお、こうした支払いを前もって行い、病院の窓口で必要な金額だけを払う ことができるという便利な制度もあります。(参考記事→帝王切開での出産費用 と限度額適用認定証)

スポンサードリンク