« 帝王切開手術の術後の傷の痛みなどについて | メイン | 帝王切開による出産~費用と保険~に関するエントリー »

帝王切開での出産費用~民間の保険に加入していたとき~

スポンサードリンク

帝王切開での出産にかかる費用には大きく分けて保険適用が可能な 「保険診療」と保険適用外で医療費を自己負担する必要がある「自 費診療」があります。

保険適用が可能な「保険診療」には、いわゆる健康保険が該当します。 これは国が提供している保険ですから、加入してない人はほとんど いないと思います。

そして、もう一つ保険と言えば、民間の企業が提供している「保険」があります。 例えば、「入院保険」や「女性特有の病気などに備える保険」などがそれに該当 します。

帝王切開は、健康保険の適用がある通り、帝王切開手術は医療行為に なりますので、上記のような民間の保険商品も契約している保険の内容 にもよりますが、ほとんどの場合で何らかの給付を受けられると思います。

帝王切開で出産した場合の「入院費用」などはその代表的なものだと思います。

通常の帝王切開の場合は、入院期間は5日~7日程度だと思いますが、 切迫早産や出産後に検査などが必要となるケースでは、2~3週間から 2~3ヶ月と長期間の入院になるケースもあり、こうしたケースでは民 間の医療保険や入院保険はかなり心強いサポートになります。

実際に、民間の保険会社の入院保険に加入していた女性の中には、 帝王切開で出産して、十分すぎるほどの給付を受けたという人も います。

ただ、このような例はまれですし、帝王切開と分かってから民間の保険会社 と有利な条件で契約することはできないので、あくまで本来の目的である 「いざというときのための保険」として加入を考えるべきだと思います。

スポンサードリンク